WordPressのプラグインの更新失敗時の対処法及び手動インストール

先日WordPressのプラグインを、WordPressの自動更新機能を用いて更新しているとプラグインの更新に失敗してしまった。再インストールを試みたがうまくいかなかったので、その時の対処法を記しておこう。

WordPressのダッシュボード>更新から更新したいプラグインを選択し、更新していた。すると画面には次のような表示が出た。

WordPressプラグイン更新画面

エラーの場所を拡大すると、こんな感じだ。

WordPressプラグイン更新失敗

要するに、SI CAPTCHA Anti-Spamというプラグインの更新に失敗してしまった。エラー内容には「古いプラグインを削除できませんでした」と書かれている。
更新に失敗しても今まで通り動いてくれているかと思いきや、プラグインの一覧画面を開いてみて確認してみたが、このプラグインは消えていた。
ここで僕は「一覧から消えているからもう一度プラグインをインストールしなおせば直るだろう」と安易に考えていたので、プラグインを検索し、インストールのボタンを押してみた。すると次のようが画面が出てしまった。

WordPressプラグイン再インストール失敗

インストールに失敗した理由を見てみると、「目的のフォルダはすでに存在しています」と書かれている。どうやらインストールした痕跡のあるプラグインは素直にインストールさせてはくれないらしい。
プラグインの一覧には名前が出ていないし、再インストールもできないとなると、もうWordPress上の画面から自動インストールはできなさそうなので、仕方がなく手動インストールを行うことにした。やってみると意外にもすぐに終わった。プラグインの手動インストールの手順はこうだ。

  1. 先ほどの再インストールの画面にでているインストールパッケージのURLにアクセスする。
    (今回の場合であれば、 http://downloads.wordpress.org/plugin/si-captcha-for-wordpress.zip というもの。)
  2. アクセスしてファイルをダウンロードし、ZIPファイルを解凍し展開する。
  3. WordPressをインストールしているServerにFTPやファイルマネージャなどを用いてアクセスする。
  4. WordPressのフォルダ内にあるwp-contentフォルダ内のpluginsフォルダを開く。
    ここに先ほど解凍した中身を入れる。

pluginsフォルダ内にファイルを入れると、特に設定する必要なく、自動的にWordPressはプラグインを認識し、プラグイン一覧に表示される。あとはここからプラグインの有効化を押してプラグインを有効にしてあげよう。

WordPressのプラグインの手動インストールはこのように非常に簡単なので、自動更新や自動インストールに失敗したときのほか、普段から手動インストールを行ってもよいかもしれない。

Filed under: Computers/家電製品,Server — ほくと 15:53  Comments (0) Tags : WordPress プラグイン 失敗 手動インストール 更新
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

CAPTCHA


*